dTVの月額料金や追加料金についての詳細

dTVは、月額料金税抜き500円を支払うことで映画やドラマはもちろん、アニメ作品や音楽、バラエティ動画といった作品が見放題です。同様の動画配信サイトはたくさんありますが、そのなかでも税抜き月額500円は安いです。以下は特に有名なVODサイトとの比較です。

 

dTV:月額500円(税抜き)
Hulu:月額933円(税抜き)
U-NEXT:月額1,990円(税抜き)

 

このようにdTVは他のサービスと比べて大幅に料金が安いですが、コンテンツが少ないわけではありません。動画数はなんと120,000本以上となっており、他のサービスと同じか、むしろ多い方です。

 

dTVの魅力はやはりこのコストパフォーマンスの高さです。動画配信サイトは利用したいけど、安いところがよいという人におすすめです。

 

dTVで見れる番組一覧はこちら

 

dTVの追加料金について

 

dTVは税抜き月額500円ですが、利用状況によってはそれ以外に追加で料金が発生することもあります。

 

月額料金以外でお金がかかるとすれば、見放題コンテンツ以外の最新作などを単品でレンタル視聴したときの料金です。自分からそういった作品を購入しない限りは追加の料金はかかりません。

 

dTVのサイト内で追加料金がかかる作品かどうかはカンタンに見分けられます。「見放題」と書かれている作品と「?」マークが付いているレンタル作品で見た目が分かりやすいので安心です。

 

また、「¥」マークが付いている作品でもワンクリックでいきなり課金されることはなく、確認ページが出ますので安心です。

 

追加で発生するレンタル視聴料金は作品ごとに違います。だいたい150円のものから600円ぐらいのものまで色々あります。

 

ドコモを利用している人はDAZN for docomoがおすすめ

 

DAZN for docomoは、通常のDAZNとそこまで大きな違いはありません。それでは何が違うのかというと、DAZNの料金は1,750円となっていますが、DAZN for docomo980円になっているところです。

 

このDAZN for docomoとdTV一緒に経緯役するとさらに200円引の割引を受けることができます。

 

ということで、ドコモを利用している人はDAZN for docomoとdTVを両方利用しても合計で月額1,280円となり大変お得です。

 

ドコモを使っている人以外は、200円割引によって月額2,050円(税抜)となります。

 

DAZNで楽しめるのはライブ動画とハイライト動画、そして見逃し配信という3種類ですので、自分の生活スタイルに応じて楽しみやすいのが魅力です。

 

ライブ配信とは、実際に試合が開催されているものを生中継で楽しめるものです。ハイライト視聴は、試合の盛り上がったシーンを続けてハイライトで楽しめます。見逃し配信では、リアルタイムで視聴できなかった試合も最初から観戦できます。

 

DAZNがおすすめなのはJリーグが好きな人です。地上波以外のサービスではDAZN独占になっていますので、Jリーグを地上波以外で見るにはDAZNを利用するしかありません。以前のスカパーのときよりも料金は安くなっていますのでおすすめです。

 

dTVで月額に掛かる料金について説明させてもらいました。もちろん、これらの追加サービスを利用しなければ月額500円のみでご利用可能です。私はガンバファンなのでDAZN for docomoも使ってますが、なかなかいいですよ〜

dTVのサービスに少しでも興味をお持ちなら、まずは31日間の無料お試しサービスを利用してみましょう。無料期間だけでの解約ももちろんOKです!


dTVのトライアルページ