dTVの解約手順と気をつけたい点をチェック

ドラマ、映画、アニメなどさまざまな映像コンテンツを自由に視聴できるのが、株式会社ドコモの提供するビデオオンデマンドサービスのdTVです。ドコモのユーザーではなくても、利用できます。申し込んだときは無料期間ですので料金が発生しないのですが、それは1か月分だけに限られます。つまり、それ以降は料金が生じますので、継続の意思がないなら期間内に辞めないといけません。

 

一旦無料期間を過ぎて継続利用しているケースでも、何か月も利用しないようなら辞めるのがベターです。

 

スマートフォンで利用しているとき、単にアプリを消しただけでは辞められません。パソコンだけではなくスマートフォンからネットで辞める手続きができます。

 

今回はdTVの辞める方法と、気をつけたい点について挙げていきます。

 

dTVで見れる番組一覧はこちら

 

dTV解約の手順

 

  1. dTVのホーム画面を開き、ログインします。
  2. メニューから「退会」を選びます。
  3. 辞めるためのページが表示されます。また、下部でメールについての判断ができます。もうメールが必要なければ、全部届かないようにしましょう。そして、利用規約を閲覧し、辞めるための決定を下しましょう。
  4. さらに辞める手続きは続きます。内容のチェック項目に誤りがないことを確認したら、注意事項を見ます。それに同意するなら、チェックを入れましょう。退会受付メールを確認したら、さらに手続きを進めます。
  5. 次はセット割引等のチェックになりますが、これも問題なければチェックして手続きを進めます。
  6. 最終判断の画面です。すべてに間違いがなければ、手続きを終了させましょう。
  7. これで終わりです。退会受付の画面が表示されますので、不安なら保存しておいてください。

 

もしもその確認のメールを受信するように設定していれば、即座に退会の旨を知らせるメールが届きます。

 

dTV解約の前に気をつけたい点もあります

 

支払いの判定は毎月の月初め

 

dTVは支払いの判定が毎月の月初めです。つまり、月初めに退会しても月終わりに退会してもその月分の料金は支払い義務がありますので、そこは覚えておきましょう。

 

特典やランク等は消去

 

dTVを辞めることで、それまでの記録等は消去されます。

 

火曜の遅い時間帯は手続き不可

 

毎週火曜の夜10時から次の日の朝7時までは、dTVのシステムの都合上辞める手続きは不可です。

 

無料で利用できる期間が終了すればそのまま有料会員へ移行してしまいますので、無料で終わらせたいなら早めに手続きをしておきましょう。

 

退会するなら月終わりにするのが得策

 

dTVを退会したければ、その月の月終わりにするのが良いでしょう。月終わりギリギリまで利用しても、支払い料金は変わらないからです。もしも月初めに辞めてしまったら、とてももったいないですよ。1日の利用だけで1か月分の支払い料金が発生します。日ごとの分割にはなりません。

 

ですから、月終わりに辞めるのがベストです。

 

ただ、ギリギリまで引っ張って忘れていたら次の月へ持ち越しですので、ベストなタイミングでやめるように上手に調整するのが損することのないとても賢い解約です。

dTVのサービスに少しでも興味をお持ちなら、まずは31日間の無料お試しサービスを利用してみましょう。無料期間だけでの解約ももちろんOKです!


dTVのトライアルページ